トップ > FX取引 > DMM FXの特長 > 安心の信託保全

 

安心の信託保全

DMMの信託保全はダブルで安心

DMM FXの信託保全について

お客様の大切な資産で安心してお取引いただくために、法令に基づき、お客様から預託された証拠金等の資金は『日証金信託銀行』および『株式会社SMBC信託銀行』へ信託保全を行う方法により当社の財産とは区分して管理しています。
信託保全されたお客様の資産は、万が一当社が破綻した場合であっても保全されます。なお、信託先銀行が破綻した場合も信託法により信託先銀行固有の財産から切り離して取扱われるため、信託財産として保全されます。

当社では、取引当日の取引終了時(マーケットクローズ)に当社で確認できたお客様の預託証拠金残高、評価損益およびスワップポイントを加味した金額(区分管理必要額)を受託先銀行に信託しております。

DMM FXの信託保全について-図

  • DMM.com証券
  • 日証金信託銀行
  • 株式会社SMBC信託銀行

日証金信託銀行株式会社は、証券金融会社の最大手である日本証券金融株式会社の100%子会社です。

ダブルで安心の信託保全

DMM.com証券では2つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております。万が一、信託銀行に破綻等の不測の事態が生じた場合においても、もう一方の信託銀行に資産の差し替えが可能となり、お客様の大切なご資産の継続的な管理には万全を期しております。

ダブルで安心の信託-図

信託保全スキーム図

信託保全スキーム-通常の図

信託保全スキーム-破綻時の図

よくあるご質問

DMM.com証券が破たんした場合、誰に資産の返還請求をすればよいのですか。

受益者代理人を通じて、信託財産の範囲内でお客様の資産の額に応じた額の返還をお受けいただけるようになっております。 なお、お客様が信託銀行に対し保証金等の支払いを直接的にご請求いただくことはできませんので、ご注意のほどお願いいたします。

DMM.com証券が破たんした場合、口座の資産はどうなりますか。

お預かりしたお客様の資産を弊社の固有資産とは区分して日証金信託銀行株式会社および株式会社SMBC信託銀行に信託しております。万が一弊社が破綻した場合でも、お客様の資産は区分管理により保全され、お客様の資産の額に応じた額の返還を受けることができます。

DMM.com証券が破たんした場合、資産はいつ返還されますか。

大変恐縮ですが、万が一破綻した場合の返還手続きには、多少のお時間を要する見込みとなっております。また、その時点での弊社の口座数や預かり資産の合計額、清算したポジションの数量等により、所要時間は大きく変化する可能性がございます。

信託保全対象となるのは保証金の他に何がありますか。

保証金だけでなく、ポジションの評価損益や未実現スワップポイント等も信託保全対象となっております。 なお、返還される金額はポジションの清算および、諸費用を控除したうえで、配分すべき金額を確定しております。

信託保全に関するご注意事項

  • 信託保全は、お取引の元本を保証するのもではありません。店頭外国為替証拠金取引においては、通貨等の変動により損失が発生するおそれがあり、かつ、その損失の額が差し入れる証拠金の額を上回るおそれがあります。
  • 信託口座による管理は法令(金融商品取引業等に関する内閣府令第143条の規定)に基づくものです。従って、法令等の変更により、区分管理方法を変更する場合があります。
  • 日証金信託銀行株式会社、および株式会社SMBC信託銀行は、信託資金の管理のみを行います。従いまして、当社に代わってお客様に対しての証拠金等の支払い義務を負うものではあ りませんので、お客様から直接日証金信託銀行株式会社、および株式会社SMBC信託銀行に証拠金等の支払いを請求することはできません。また、当社及び受益者代理人の監督、選任の責任は負 いません。
  • 当社は、信託保全スキームを実施するために、必要な場合に限り、お客様の個人情報を受益者代理人、および日証金信託銀行株式会社、株式会社SMBC信託銀行に提供することがあります。

スピード口座開設

ページトップへ

会員ログイン
DMM fx/cfd

お客様の声を反映しました

こんな時どうしたらいいの?

DMM.com証券は、FX取引高世界第2位

FX

DMMの取引ツールいろいろ

Android版 DMMFX Trade

クイック入金 370の金融期間でご利用可能

開催中のキャンペーン

取引応援ポイントサービス

よくあるご質問 Q&A

プレミアチャート

DMM.com証券 twitter

FX取引の規制が変わります

税金と確定申告について

詐欺にご用心!

証券統計ポータルサイト

おかげさまで、DMM.com証券はFX取引高【世界第2位】を獲得しました。(※1)
当社のFXとCFDが支持されるには理由があります!
詳しくは「DMM FXの特長」「DMM CFDの特長」より当社の魅力あるサービスをご覧ください。
※1フォレックス・マグネイト社調べ(2014年第1四半期調査報告書)

金融商品取引法/商品先物取引法に基づく表示
【当社の概要】
商号等:株式会社DMM.com証券
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 日本投資者保護基金
【苦情相談窓口】
DMM.com証券 コンプライアンス部 電話:03-3517-3285 月曜-金曜(祝祭日を除く 9:00-17:00)
[FX/株価指数CFD]証券・金融商品あっせん相談センター 東京都中央区日本橋茅場町2-1-13電話:0120-64-5005 月曜-金曜(祝祭日を除く 9:00-17:00)
[商品 CFD]日本商品先物取引協会 相談センター 東京都中央区日本橋小網町9-4 電話:03-3664-6243 月曜-金曜(祝祭日を除く9:00-12:00、13:00-17:00)
【投資にかかる手数料及びリスク等について】
店頭外国為替証拠金取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる通貨ペアの価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、 その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。口座管理費及び取引手数料は無料です。
お取引に必要となる証拠金は、レバレッジ25倍のとき総約定代金の約4%となります。よってUSD/JPY(@100.000)25倍1Lotを保有するのに必要な証拠金は40,000円となります。
当社の提示するビット価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。
上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。
リスク・手数料などの重要事項の説明ページへ
FX・CFDはDMM.com証券

このページのトップへ