トップ > お客様サポート > 税金と確定申告~2012年・2013年の報告書出力方法~

 

税金と確定申告~2012年・2013年の報告書出力方法~

2012年・2013年 報告書出力方法

2012年および2013年の年間損益報告書につきましては、PC版取引ツール、『DMMFX PLUS』、『DMMFX ADVANCE』 及び『お客様情報照会』より出力いただけます。

各ツールの報告書出力画面より、「過去」>「年間損益報告書」を選択し、検索をいただきますようお願いいたします。

詳細な操作方法は各ツール操作マニュアルを参照いただきますようお願いいたします。

1.実現損益・・・ポジション(建玉)を決済した際に発生する損益のこと。

年間損益報告書の見方

①預託証拠金残高

期首の預託証拠金残高と期末の預託証拠金残高の増減額です。
(期末)預託証拠金残高ー(期首)預託証拠金残高=(期間)預託証拠金残高

預託証拠金残高とは、決済済みで未受渡の金額を含む、取引日基準の証拠金残高です。
期首とは、前年度末のクローズ時点での預託証拠金残高
期末とは、年度末営業日のクローズ時点での預託証拠金残高

②取引決済損益

年間の決済益と決済損の合計額です。
(期間)決済益計+(期間)決済損計=(期間)決済損益合計

取引決済損益とは、決済済みの評価損益でスワップポイントを含まない金額です。

③入出金

年間の入金及び出金の金額です。
(期間)入金合計+(期間)出金合計=(期間)入出金合計

④スワップ損益

ポジション(建玉)を決済した際のスワップポイント及びスワップ受取の金額です。
(期間)スワップ益計+(期間)スワップ損計=(期間)スワップ損益合計

⑤その他損益

キャッシュバック等の入金及び出金の金額です。
キャッシュバック+手数料+その他益計+その他損計=その他損益合計

⑥実現損益合計

課税対象となる金額です。
決済損益合計+スワップ損益合計+その他損益合計=実現損益合計
※先物取引に係る雑所得等の金額計算時には、[決済損益合計+スワップ損益合計]をご参照ください。
 [その他損益合計]は、課税区分が異なる場合がございます。詳しくは最寄りの税務署にご相談ください。

ページトップへ

2.評価損益・・・保有しているポジション(建玉)を時価で評価した損益のこと。

年間損益報告書の見方

⑦評価損益

期首の評価損益と期末の評価損益の増減額です。
(期末)評価損益ー(期首)評価損益

⑧建玉評価損益

期首の未決済建玉評価損益と期末の未決済建玉評価損益の増減額です。
(期末)建玉評価損益ー(期首)建玉評価損益

⑨未決済スワップ損益

期首の未決済スワップ損益と期末の未決済スワップ損益の増減額です。
(期末)未決済スワップ損益ー(期首)未決済スワップ損益

ページトップへ

3.実現損益+(期末)評価損益 ・・・年間の実現損益と未決済建玉の評価損益等を含めた合計額です。

年間損益報告書の見方

ページトップへ

スピード口座開設

会員ログイン
DMM FX/CFD

マンガでわかる!取引までの流れ!

初心者必見!!動画でわかるFXセミナー

FX

CFD

DMMのツールいろいろ

Android版 DMMFX Trade

プレミアチャート

クイック入金 380の金融期間でご利用可能!

開催中のキャンペーン

取引応援ポイントサービス

よくあるご質問 Q&A

DMMFX Twitter

日経BP社ポイント還元キャンペーン

税金と確定申告について

2016年度よりマイナンバー制度がスタートします

海外無登録業者とのFX取引にご注意ください

投資詐欺にご用心!

マイナンバー社会保障・税番号制度

金融商品取引法/商品先物取引法に基づく表示
【当社の概要】
商号等:株式会社DMM.com証券
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 日本投資者保護基金
【投資にかかる手数料、リスク等について】
弊社のホームページに記載の商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあり、預入金額以上の損失が生じる場合もあります。
WEBサイトに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、当サイトの当該商品等の契約締結前交付書面、または当サイトの「重要事項の説明」に記載されておりますので、当該ページをよくお読みいただき、お取引の最終決定は、お客様のご自身の判断と責任で行ってください。
リスク・手数料などの重要事項の説明ページへ
FX・CFDはDMM.com証券


SSL/TLSとは?

Pマーク