過去のスプレッド提示率

2019年1月のスプレッド提示率

複数のカバー先等から受けるレートを元に独自生成したレートをお客様に提示し、業界最狭水準のスプレッドでレート配信を実現しております。提示率は、期間中にお客様に提示されたスプレッドが、基準スプレッドの範囲内であった時間の割合(実績値)となります。

通貨ペア スプレッド 提示率
USD/JPY 米ドル/円 0.3 97.31%以上
EUR/JPY ユーロ/円 0.5 96.73%以上
GBP/JPY ポンド/円 1.0 96.51%以上
AUD/JPY 豪ドル/円 0.7 97.32%以上
NZD/JPY NZドル/円 1.2 97.87%以上
CHF/JPY スイスフラン/円 1.8 96.82%以上
CAD/JPY カナダドル/円 1.7 96.72%以上
ZAR/JPY 南アランド/円 1.0 97.45%以上
EUR/USD ユーロ/米ドル 0.4pips 96.29%以上
GBP/USD ポンド/米ドル 1.0pips 96.47%以上
通貨ペア スプレッド 提示率
AUD/USD 豪ドル/米ドル 0.9pips 96.54%以上
NZD/USD NZドル/米ドル 1.6pips 96.91%以上
USD/CHF 米ドル/スイスフラン 1.6pips 96.64%以上
USD/CAD 米ドル/カナダドル 1.8pips 96.61%以上
EUR/GBP ユーロ/ポンド 1.0pips 96.51%以上
EUR/AUD ユーロ/豪ドル 1.5pips 96.32%以上
EUR/NZD ユーロ/NZドル 3.5pips 96.39%以上
EUR/CHF ユーロ/スイスフラン 1.8pips 97.01%以上
GBP/AUD ポンド/豪ドル 1.6pips 96.19%以上
GBP/CHF ポンド/スイスフラン 2.8pips 96.56%以上
  • 上記スプレッドは、2019年1月2日マーケットオープン~2019年1月31日マーケットクローズにおける提示率です。(2019年2月1日当社調べ)
  • この提示率は過去の実績であり、将来の数値を保証するものではありません。
  • 上記スプレッドは固定されたスプレッドではありません。リーマンショックや東日本大震災のような突発的な事象が発生した場合や、市場の流動性が低下している場合(月曜日の午前7時~午前8時頃、夏時間の午前6時前後(冬時間の午前7時前後)、年末年始、クリスマス時期など)、経済指標の発表前後の時間帯等(経済指標カレンダーはこちら)においては、スプレッドが拡大する場合があります。また、当社がカバー先等から受信するレートのスプレッドが拡大した場合は、お客様に配信する外国為替レートのスプレッドも拡大します。なお、その上限は一定値に限定されません。
  • 2019年1月2日においては、当社において通常のスプレッド提示が困難となる状況が想定されたため、広告表示されている原則固定スプレッドの対象外とさせていただきました。
  • 注文の成立に伴い、スリッページが発生する可能性があります。スリッページとは、一般的に注文時の表示価格と約定価格との差を指していますが、当該価格差については、お客様にとって有利な場合もあれば、不利な場合もあります。

DMMの取引レート

業界最狭水準スプレッド
ご確認下さい

お取引まで最短翌日

ページTOPへ