追加証拠金に関する疑問

追加証拠金とはなんですか?

追加証拠金とは、毎営業日の証拠金維持率判定において、証拠金維持率が100%を下回った場合に発生するポジション必要証拠金の不足額のことです。
追加証拠金が発生した場合は、発生した翌営業日の04時59分(【DMM CFD】の場合は22時59分)までに 追加証拠金額以上のご入金もしくは
ポジション決済による追加証拠金額の解消が必要となります。 解消期限までに、追加証拠金が0円とならない場合には発生した翌営業日の05時00分
(【DMM CFD】の場合は23時00分)に、保有しているポジションを反対売買により「マージンカット(強制決済)」を行います。

発生した追加証拠金額は口座照会よりご確認いただけます。
追加証拠金が発生している場合の証拠金状況

【追加証拠金が発生した際の注意点】
追加証拠金が発生した場合、出金依頼は取り消され、出金依頼額が追加証拠金額に充当されます。
しかしながら、出金依頼金額よりも追加証拠金額が多い場合は追加のご入金もしくは、保有ポジションの一部または、全部の決済により、
追加証拠金額を「0円」にしていただく必要があります。
※追加証拠金が発生した場合においても未約定の決済注文は取り消されません。

お取引まで最短翌日

ページTOPへ