トップ > FX取引 > FX初心者ガイド > 追加証拠金制度

 

追加証拠金制度

追加証拠金制度とは

DMM FXでは毎営業日クローズ時点に「証拠金維持率の判定」を行い、この時点で証拠金維持率が100%を下回っていた場合には追加証拠金が発生します。
追加証拠金が発生した場合は、追加証拠金が発生した翌営業日の04時59分までに追加証拠金額以上の入金もしくはポジション決済による追加証拠金額の解消が必要となります。
解消期限までに、追加証拠金が0円とならない場合には、保有しているポジションを反対売買による「マージンカット(強制決済)」を行います。

取引時間はこちら

【追加証拠金が発生した際の注意点】

・追加証拠金が発生した場合、出金依頼は取り消され、出金依頼額が追加証拠金額に充当されますが、追加証拠金額よりも、出金依頼額が少ない場合は追加のご入金もしくは、保有ポジションの一部または、全部の決済により、追加証拠金額を「0円」にしていただく必要があります。
※追加証拠金が発生した場合においても未約定の決済注文は取り消されません。

追加証拠金が発生している場合

追加証拠金が発生している場合

追加証拠金が発生していない場合

追加証拠金が発生していない場合
入金もしくはポジションの決済により解消
追加証拠金が解消された場合

追加証拠金の発生及び解消方法について

毎営業日クローズ時点に「証拠金維持率の判定」を行い、この時点で証拠金維持率が100%を下回っていた場合には追加証拠金が発生します。

追加証拠額計算式

純資産額 預託証拠金に評価損益を加え、出金拘束金を差し引いた額
預託証拠金残高 + 評価損益 - 出金拘束金(出金予約済み金額)
ポジション必要証拠金 その時点のポジションを持つために必要な証拠金
※ポジション必要証拠金はリアルタイムで更新されます。
追加証拠金額 毎営業日の証拠金維持率判定において、証拠金維持率が100%を下回った場合、発生するポジション必要証拠金の不足額をいいます。
ポジション必要証拠金-純資産額

追加証拠金を0円にする方法には、2種類の方法があります。
追加証拠金が発生した翌営業日の04時59分までに追加証拠金額以上のご入金もしくはポジション決済による追加証拠金額の解消が必要となります。

  1. ①入金
    追加証拠金額以上の入金をし、追加証拠金額を0円にする。
  2. ②ポジションの決済
    ポジションを決済し、追加証拠金額以上のポジション必要証拠金額を減らし、追加証拠金額を0円にする。
    または、未決済のポジションを全て決済する事でマージンカットを防ぐ事が可能です。

※上記①または②を実施されず、 レート変動による建玉評価益の増加で、証拠金維持率が100%以上になりましても、マージンカットの対象となりますのでご注意下さい。

解消期限までに、追加証拠金が0円とならない場合には、保有しているポジションを反対売買による「マージンカット(強制決済)」を行います。

※追加証拠金判定時刻と追加証拠金解消期限・マージンカット時刻について
追加証拠金判定時刻:毎営業日クローズ時点(取引時間の詳細はこちら
追加証拠金解消期限:追加証拠金が発生した翌営業日の04時59分
マージンカット時刻:追加証拠金が発生した翌営業日の05時00分
なお、追加証拠金解消期限・マージンカット時刻は冬・夏時間ともに上記の通りとなります。

追加証拠金およびマージンカットが発生する事例

毎営業日実施される証拠金率判定で100%を下回っていた場合以下の方法にて解消、強制決済(マージンカット)されます。
※下記の例は夏時間適用時です。

2016年9月26日(月)マーケットクローズ時点で、証拠金維持率が80%

口座の状況
マーケットクローズ
マーケットオープン
マーケットクローズ

【追加証拠金を解消する際の注意点】

・相場変動等により証拠金維持率が100%以上に回復したとしても追加証拠金は0円とはなりません。従いまして追加証拠金発生後、ご入金やポジション決済をせず、証拠金維持率が100%を上回って期日となった 場合はマージンカットの対象となります。
・金曜日マーケットクローズ時(夏時間:夏05時50分、冬時間:06時50分)に追加証拠金が必要と判定された際は、火曜日の04時59分までに追加証拠金を解消する必要があります。
・マージンカットは、必ずしもお客様の損失を限定するものではありません。急激な為替相場の変動等により、その損失額がお客様の預託されている証拠金を上回り、 証拠金残高がマイナスとなる場合があります。
・マージンカットによる手数料は発生いたしません。
・追加証拠金額以上のご入金を行った場合においても、異名義入金、クイック入金エラー、銀行休業日等により 入金期限までに取引口座への金額の反映が間に合わなかった場合はマージンカットの対象となります。尚、銀行休業日の場合は通常のお振込みによるご入金は反映されませんのでご注意下さい。この場合はクイック入金をご利用するか、もしくはその他の方法で追加証拠金を解消してください。
クイック入金についてはこちらをご覧ください。
・証拠金維持率が50%を下回った場合には、追加証拠金額に関わらず、ロスカットルールが発動されます。
・追加証拠金発生に関してはメールにて通知しますが、ご利用のメールソフト及びプロバイダーの種類や設定によりましては、迷惑メールと判定され、メールが届かない可能性があります。当社のドメイン「sec.dmm.com」の受信ができるよう設定をお願いします。

スピード口座開設

ページトップへ

会員ログイン
DMM FX/CFD

マンガでわかる!取引までの流れ!

初心者必見!!動画でわかるFXセミナー

FX

海外無登録業者とのFX取引にご注意ください

新スマートフォンアプリ DMMFX

DMMのツールいろいろ

プレミアチャート

クイック入金 380の金融期間でご利用可能!

開催中のキャンペーン

取引応援ポイントサービス

よくあるご質問 Q&A

DMMFX Twitter

2016年度よりマイナンバー制度がスタートします

投資詐欺にご用心!

マイナンバー社会保障・税番号制度

おかげさまで、DMM.com証券は、FX口座数国内【第1位】を獲得しました(※1)
当社のFXとCFDが支持されるには理由があります!
詳しくは「DMM FXの特長」「DMM CFDの特長」より当社の魅力あるサービスをご覧ください。
※1. 2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

金融商品取引法/商品先物取引法に基づく表示
【当社の概要】
商号等:株式会社DMM.com証券
第一種金融商品取引業者/第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等:日本証券業協会 日本投資者保護基金 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人第ニ種金融商品取引業協会
【苦情相談窓口】
DMM.com証券 コンプライアンス部 電話:03-3517-3285 月曜-金曜(祝祭日を除く 09時00分~17時00分)
[FX/株価指数CFD]証券・金融商品あっせん相談センター 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館 電話:0120-64-5005 月曜-金曜(祝祭日を除く 09時00分~17時00分)
[商品 CFD]日本商品先物取引協会 相談センター 東京都中央区日本橋小網町9-4 電話:03-3664-6243 月曜-金曜(祝祭日を除く09時00分~12時00分、13時00分~17時00分)
【投資にかかる手数料及びリスク等について】
店頭外国為替証拠金取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる通貨ペアの価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、 その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。口座管理費及び取引手数料は無料です。
注文の際に必要となる証拠金は、各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。
上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。
リスク・手数料などの重要事項の説明ページへ
FX・CFDはDMM.com証券


SSL/TLSとは?

Pマーク