トップ > お客様サポート > 税金と確定申告 ~確定申告って?~

 

税金と確定申告 ~確定申告って?~

確定申告とは

確定申告とは毎年1月1日から12月31日(※1)までに得たすべての所得を計算し、申告書を税務署へ提出後、納付すべき所得税額を確定することをいいます。

なお、確定申告では1年間で得た所得を計算し、納税額を確定させますが、あらかじめ源泉徴収という形で税金を徴収されている場合や、予定納税という 形で税金を前払いしている場合もあります。このため、確定申告は税金を計算し、払った税金との精算の手続きという意味合いもあります。

平成23年度税制改正法案成立に伴い、先物取引に係る雑所得等の課税の特例の適用対象に店頭FX/CFD取引も加わりました。
これにより、お客様が行った当社【DMM FX】【DMM CFD-Index】【DMM CFD-Commodity】で発生した益金及びスワップポイントは、「雑所得」として申告分離課税(※2)の対象となり、取引所取引(くりっく365、くりっく株365)等と損益通算が可能となりました。

また、取引で損失がある場合には、毎年確定申告を行うことにより3年間の損失繰越も可能です。

繰越控除や医療費控除等税制面でのメリット(※3)や納税の義務(※4)の観点からも、「正しい期間に正しく計算」し、確定申告を行ってください。

※1 確定申告の対象期間は1月1日営業日から12月31日営業日となります。(2016年12月31日06時50分までのお取引が2016年度の対象となります。)

※2 税率

  • 【2013年1月1日 - 2037年12月31日】 年間差益の20.315%(所得税 15%+復興特別所得税 0.315%+住民税 5%)

注) 復興特別所得税とは
「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法」の成立により
2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間にわたり、所得税額の2.1%が「復興特別所得税」として課せられます。

※3 医療費控除等その他税制面でのメリットにつきましては、税理士にご相談いただくか、最寄りの税務署にお問い合わせください。

※4 平成20年度税制改正に伴い、店頭FX/CFD取引を取り扱う会社にも支払調書の提出義務が課せられております。

ページトップへ

申告が必要な人とは

給与所得2000万円以下のサラリーマンについては、会社が年末調整により所得税を精算するしくみが作られているため、「1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得および退職所得以外の所得(雑所得など)の合計額が20万円以下」の場合、原則として確定申告は不要です。
ただし、損失の3年間繰越控除や医療費控除等の適用を受ける場合には、確定申告が必要となります。

確定申告において、自分がどれに当てはまるかをチェックしてください。

※医療費控除等の適用方法等については、最寄りの税務署にお問い合わせください。

FX/CFD取引で確定申告が必要な人とは?

確定申告は、1月1日から12月31日(マーケットクローズ)までに決済(約定完了)した取引が対象です。

※税金と確定申告についての情報は万全を期しておりますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
今後、税制改正等が行われた場合、内容が変更となる可能性があります。(2016年12月現在)
詳細については、税理士または最寄りの税務署にご確認いただきますようお願いいたします。

ページトップへ

その他金融商品との合算について

各取引によって発生した利益、損失をその他の所得と合算し、控除できることを損益通算といいます。
2012年1月以降のお取引より、店頭FX/CFD取引と市場デリバティブ取引での損益通算が可能となっています。もちろん、同じ店頭FX/CFD同士での損益通算も可能です。

※取引所FXのほか、「金」「原油」といった商品先物取引や「日経225先物」のような株価指数先物取引など、「先物取引に係る雑所得等の課税の特例(租税特別措置法第41条の14)」の適用対象を指します。

FX税制改正前(総合課税)とFX(申告分離課税)

ページトップへ

DMMFX/DMMCFD取引の利益は「雑所得」として、申告分離課税の対象

DMM FX/DMM CFDで得た利益は、「雑所得」として申告分離課税の対象となります。
DMM FX/DMM CFDにおいて、未決済ポジションは利益を確定していない(反対売買を行っていない)為、課税対象外となります。
「ポジション決済(反対売買)」もしくは「スワップ受取」を行った場合の決済損益・スワップポイントは課税対象となります。

1月1日から12月31日までに受取らなかったスワップポイント・未決済ポジションの含み益は、その年の課税対象にはなりません。

※税金と確定申告についての情報は万全を期しておりますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
今後、税制改正等が行われた場合、内容が変更となる可能性があります。(2016年12月現在)
詳細については、税理士または最寄りの税務署にご確認いただきますようお願いいたします。

ページトップへ

市場デリバティブ取引と損益通算が可能

2012年1月以降、取引で損失となった場合、その翌年以降3年間に渡り店頭FX/CFDおよび取引所先物取引等で発生した利益から損失額を控除することが可能となりました。
損失繰越控除の適用を受けるためにも、損失が発生した年についても確定申告を行う必要があります。また、その後についても継続して確定申告が必要となります。

2015-2018の図

ページトップへ

確定申告のお問い合わせ先

※税金と確定申告についての情報は万全を期しておりますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
今後、税制改正等が行われた場合、内容が変更となる可能性があります。(2016年12月現在)

※法人口座は個人口座と確定申告の内容が異なります。

詳細については、税理士または最寄りの税務署にご確認いただきますようお願いいたします。

ページトップへ

具体的な計算について

スピード口座開設

会員ログイン
DMM FX/CFD

マンガでわかる!取引までの流れ!

初心者必見!!動画でわかるFXセミナー

FX

CFD

海外無登録業者とのFX取引にご注意ください

新スマートフォンアプリ DMMFX

DMMのツールいろいろ

プレミアチャート

クイック入金 380の金融期間でご利用可能!

開催中のキャンペーン

取引応援ポイントサービス

よくあるご質問 Q&A

DMMFX Twitter

DMM電子書籍

2016年度よりマイナンバー制度がスタートします

投資詐欺にご用心!

マイナンバー社会保障・税番号制度

金融商品取引法/商品先物取引法に基づく表示
【当社の概要】
商号等:株式会社DMM.com証券
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 日本投資者保護基金
【投資にかかる手数料、リスク等について】
店頭外国為替証拠金取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる通貨ペアの価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、 その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。口座管理費及び取引手数料は無料です。
注文の際に必要となる証拠金は、各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。
上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。
リスク・手数料などの重要事項の説明ページへ
FX・CFDはDMM.com証券


SSL/TLSとは?

Pマーク