トップ > CFD取引 > CFD初心者ガイド > CFD(差金決済取引)の基礎知識

 

CFD(差金決済取引)の基礎知識

CFD(差金決済取引)とは?

CFDとは「Contract For Difference」の頭文字を取った略語になります。
日本語に訳すと「差金決済取引」といい1998年、英国で株の売買ごとに払う印紙税の対応として、機関投資家向けに開発された金融商品です。

CFDは、現物株・株価指数・業種別指数や、商品・債券などの市場での値動きをそのまま反映しながら、実際に現物株(原資産)等を所有することなく、原市場と同様の取引ができ、かつその売買価格の差が損益になるという取引です。

利益を得るには高く売って安く買う。または安く買って高く売る。更には金利や配当金等によって利益を得る方法があります。
CFD取引は、実際に預け入れた資金の何倍もの取引が行える為、少ない資金で大きな利益を得る可能性がある反面、予想と逆に相場が変動した場合には損失を被るおそれがあり、投資元本を超える損失を被る可能性もあります。CFD取引はハイリスク・ハイリターンの取引といえます。

CFDは相対取引

CFDが取引する市場は、取引所ではなく投資家とCFDを取扱っている会社(株式会社DMM.com証券)との契約により、両者の了解のもとに行われます。
取引所の場合では、100万円で買いたいという人と、100万円で売りたいという人が合致すれば注文は成立しますが、CFDの場合は、CFDを取扱っている会社が提示する価格を決め※1、投資家はその価格に納得すれば買う・売るというルールで行います。これを相対(あいたい)取引といいます。
※1 相対取引の値段は、参照市場の価格を参考に、CFDを取り扱っている会社が価格を決定いたします。

CFD取引の流れ

DMM CFD Index, Commodity取引時間

夏時間適用時の通常営業

DMM CFD 取引時間表 夏
【JPN225/JPY】
  • 月曜日のマーケットオープンは9:00
  • 金曜日のマーケットクローズは翌4:50
【USDJ30/USD】【NDQ100/USD】【SPX500/USD】
  • 月曜日のマーケットオープンは8:00
  • 火曜日のマーケットオープンは7:00
  • 金曜日のマーケットクローズは翌4:50
【OIL/USD】【GOLD/USD】【SILVER/USD】
  • 月曜日のマーケットオープンは8:00
  • 火曜日のマーケットオープンは7:00
  • 金曜日のマーケットクローズは翌4:50

冬時間適用時の通常営業

DMM CFD 取引時間表 夏
【JPN225/JPY】
  • 月曜日のマーケットオープンは9:00
  • 金曜日のマーケットクローズは翌5:50
【USDJ30/USD】【NDQ100/USD】【SPX500/USD】
  • 月曜日のマーケットオープンは9:00
  • 火曜日のマーケットオープンは8:00
  • 金曜日のマーケットクローズは翌5:50
【OIL/USD】【GOLD/USD】【SILVER/USD】
  • 月曜日のマーケットオープンは9:00
  • 火曜日のマーケットオープンは8:00
  • 金曜日のマーケットクローズは翌5:50

スワップ

スワップポイントはDMM CFD取引でポジションを持ち越す場合に発生します。
DMM CFD-Indexの場合は以下の式より求められます。
DMM CFD-Commdityは「GOLD/USD」「SILVER/USD」はスワップポイントが発生します。
「OIL/USD」はスワップポイントは発生しませんが、価格調整額が発生します。

「DMM CFD-Index」
買いの場合:ロール金額×金利(配当利回り-短期金利-コスト金利)×日数÷360
売りの場合:ロール金額×金利(短期金利-コスト金利-配当利回り)×日数÷360

「DMM CFD-Commodity」(GOLD/USD、SILVER/USD)
買いの場合:ロール金額×金利(短期金利-フォワードレート-コスト金利) ×日数÷360
売りの場合:ロール金額×金利(フォワードレート-短期金利-コスト金利) ×日数÷360

価格調整額

OIL/USDは、取引期限がなくお取引いただけますが、それぞれの商品先物市場の最終営業日の前に当社が定めるに日おいて提示する限月の交代を行うため、保有し続けることができます。

「DMM CFD Commodity」(OIL/USD)
1Lotあたりの価格調整額=(1番限と2番限の価格差)×取引単位×USDの評価額

売りから始められる

CFD取引では売りから入る取引が可能です。例えば下降市場で価格が今後下がることを期待し、下降市場時に売りポジションを建て、より価格が下がった時点で買い取引でポジションを決済することで、その差額が利益になる取引です。

レバレッジ効果

レバレッジとはテコの原理のことで、少ない証拠金で、その何倍もの金額のお取引が可能となります。
DMM CFD -Index は10倍、DMM CFD -Commodity は20倍のレバレッジでお取引いただけます。

レバレッジをかけることで、少ない証拠金で大きな取引が可能となり、その損失、利益額についても大きくなります。
※レバレッジが高いほど資金効率は高まり、金融市場の情勢と経済状況による影響は大きくなります。

スピード口座開設

ページトップへ

会員ログイン
DMM FX/CFD

マンガでわかる!取引までの流れ!

初心者必見!!動画でわかるFXセミナー

CFD

DMMのツールいろいろ

Android版 DMMFX Trade

プレミアチャート

クイック入金 380の金融期間でご利用可能!

開催中のキャンペーン

取引応援ポイントサービス

よくあるご質問 Q&A

DMMFX Twitter

日経BP社ポイント還元キャンペーン

税金と確定申告について

2016年度よりマイナンバー制度がスタートします

海外無登録業者とのFX取引にご注意ください

投資詐欺にご用心!

マイナンバー社会保障・税番号制度

金融商品取引法/商品先物取引法に基づく表示
【当社の概要】
商号等:株式会社DMM.com証券
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 日本投資者保護基金
【苦情相談窓口】
DMM.com証券 コンプライアンス部 電話:03-3517-3285 月曜-金曜(祝祭日を除く 09時00分~17時00分)
[FX/株価指数CFD]証券・金融商品あっせん相談センター 東京都中央区日本橋茅場町2-1-13電話:0120-64-5005 月曜-金曜(祝祭日を除く 09時00分~17時00分)
[商品 CFD]日本商品先物取引協会 相談センター 東京都中央区日本橋小網町9-4 電話:03-3664-6243 月曜-金曜(祝祭日を除く09時00分~12時00分、13時00分~17時00分)
【投資にかかる手数料、リスク等について】
DMM CFD-Index取引ならびにDMM CFD-Commodity取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる銘柄の価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。
OIL/USDはスワップポイントの受払いは発生しませんが、それぞれの参照市場の最終営業日の前に当社が定める日において提示する限月の交代を行うことにより1番限と2番限の価格差の調整を行います。口座管理費及び取引手数料は無料です。
お取引には、必要証拠金以上の現金が必要です。お取引に必要となる必要証拠金は、注文時のレバレッジにより変動いたします。レバレッジ10倍のとき約 10%、20倍のとき約5%(DMM CFD-Indexでは10倍まで、DMM CFD-Commodityでは20倍となります。)よってJPN225/JPY(@10,000.0)10倍で1Lotを保有するのに必要な証拠金は10,000円、USD/JPY = 90円の時GOLD/USD (@1,200.00)20倍で1Lotを保有するのに必要な証拠金は5,400円となります。当社の提示するビット価格(売付価格)とアスク価格(買付価格) には差(スプレッド)があります。相場急変動時等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。
上記はリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。
当社の企業情報につきましては、弊社店頭または、当社ホームページ及び日本商品先物取引協会の本部及びホームページにて開示を行っております。
リスク・手数料などの重要事項の説明ページへ
FX・CFDはDMM.com証券


SSL/TLSとは?

Pマーク