トップ > CFD取引 > CFD初心者ガイド > 安心・厳格のロスカット

 

安心・厳格のロスカット

ロスカットルールとはお客様が保有しているポジションが、一定の水準以上に損失を被った場合、損失の拡大を防ぐため、保有しているポジションを強制的に決済することをいいます。

CFD取引では相場の状況によっては大きな損失を被るばかりか、預託された証拠金すべて、さらには追加の損金を支払わなくてはならなくなります。そ こで「DMM CFD-Index」「DMM CFD-Commodity」ではお客様の損失額がある一定の水準に達した時点で強制的にお客様の保有されているポジションすべてを決済するロスカット ルールが採用されています。原則としては最低限の資金は温存されるということです。ただし、ロスカットルールがある場合においても、相場の状況等によって は預託された証拠金以上の損失が発生することがあります。

また、DMM CFDでは毎営業日マーケットクローズ後の証拠金維持率判定において、証拠金維持率が100%を下回っていた場合には追加証拠金が発生します。
追加証拠金が発生した場合には、発生したメンテナンス明けの営業日の22:59までに追加証拠金額以上の入金もしくはポジション決済による追加証拠金額の解消が必要となります。
解消期限までに追加証拠金額の解消がされない場合は、保有しているポジションを「マージンカット(強制決済)」します。

追加証拠金制度の詳細については下記リンクにてご確認ください。

追加証拠金制度はこちら

なお、当社のCFD取引では「DMM CFD-Index」、「DMM CFD-Commodity 」の区分ごとにそれぞれ個別の管理となり、損益等は合算されません。ロスカットルールもそれぞれ個別に計算され執行されます。

詳しい証拠金とロスカットについてのシミュレーションについては下記リンクにてご確認ください。

証拠金シミュレーションはこちら

ロスカットルール

当社ではお客様の損失の拡大を防ぐため、証拠金維持率が50%以下になると、ロスカットルールが発動し、未約定の注文を取り消し、すべての未決済ポジションをお客様に事前に通知することなく、決済(ロスカット)します。

証拠金維持率=(純資産-注文証拠金)÷ ポジション必要証拠金×100

ロスカットが発生する事例

1. ポジションを保有する

100万円の入金から、ポジションを保有し、ロスカットが発生するまでの流れを、DMMCFDの口座情報を用いてご説明します。

  • ※ポジション必要証拠金はリアルタイムで更新されます。
  • ※建玉可能額は以下の式で求められます。
    建玉可能額 = 純資産-(ポジション必要証拠金 + 注文証拠金)
  • ※建玉可能額以上の新規注文は発注できません。
例1

2. ロスカットルール発動時

その後、レートが変動し、証拠金維持率が50%以下となった場合にロスカットとなります。
純資産額がポジション必要証拠金の50%以下となった時点で執行されますが、その損失額を保証するものではありません。相場の状況等によってはその損失額が預託証拠金以上になる場合があります。

  • ※相場の状況等によってはその損失額が預託証拠金以上になる場合があります。
例2

証拠金維持率が50%以下となった場合、ロスカットが執行されます。
上記通知及び計算方法は「参考」として表示したものであり、本取引にかかわるリスク及び管理はお客様の判断と責任において、お客様の計算で行ってください。
上記の計算には「スワップ」等の金額は考慮しておりません。

  1. ※1 証拠金維持率がロスカットラインである50%以下となった場合、全ての未約定注文が取消され、全ての未決済ポジションを自動的に決済(ロスカット)します。
    未約定注文が取消され、証拠金維持率が50%を回復した場合はロスカットは執行されません。

ロスカットを回避するには

ロスカットは証拠金維持率が50%以下になった時点で発動しますので、証拠金維持率が50%まで低下しないよう保つことで、ロスカットを避けることが出来ます。お取り引きの際は、ご資金に余裕をお持ちいただくようおすすめいたします。

  • ※証拠金維持率が50%以下になりますと、注文中の新規注文は取り消されます。
    証拠金維持率が50%を回復した場合、ロスカットは執行されません。
  • ※損切りのための逆指値注文を設定されていた場合、証拠金維持率が50%以下になりますと、決済の逆指値注文が取り消されロスカットが執行されますのでご注意ください。

上記数値及び計算方法は「参考」として表示したものであり、本取引にかかわるリスク及び管理はお客様の判断と責任において、お客様の計算で行ってください。

詳しい証拠金とロスカットについてのシミュレーションについては下記リンクにてご確認ください。

証拠金シミュレーションはこちら

スピード口座開設

ページトップへ

会員ログイン
DMM FX/CFD

マンガでわかる!取引までの流れ!

初心者必見!!動画でわかるFXセミナー

CFD

DMMのツールいろいろ

Android版 DMMFX Trade

プレミアチャート

クイック入金 380の金融期間でご利用可能!

開催中のキャンペーン

取引応援ポイントサービス

よくあるご質問 Q&A

DMMFX Twitter

日経BP社ポイント還元キャンペーン

税金と確定申告について

2016年度よりマイナンバー制度がスタートします

海外無登録業者とのFX取引にご注意ください

投資詐欺にご用心!

マイナンバー社会保障・税番号制度

金融商品取引法/商品先物取引法に基づく表示
【当社の概要】
商号等:株式会社DMM.com証券
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 日本投資者保護基金
【苦情相談窓口】
DMM.com証券 コンプライアンス部 電話:03-3517-3285 月曜-金曜(祝祭日を除く 09時00分~17時00分)
[FX/株価指数CFD]証券・金融商品あっせん相談センター 東京都中央区日本橋茅場町2-1-13電話:0120-64-5005 月曜-金曜(祝祭日を除く 09時00分~17時00分)
[商品 CFD]日本商品先物取引協会 相談センター 東京都中央区日本橋小網町9-4 電話:03-3664-6243 月曜-金曜(祝祭日を除く09時00分~12時00分、13時00分~17時00分)
【投資にかかる手数料、リスク等について】
DMM CFD-Index取引ならびにDMM CFD-Commodity取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる銘柄の価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。
OIL/USDはスワップポイントの受払いは発生しませんが、それぞれの参照市場の最終営業日の前に当社が定める日において提示する限月の交代を行うことにより1番限と2番限の価格差の調整を行います。口座管理費及び取引手数料は無料です。
お取引には、必要証拠金以上の現金が必要です。お取引に必要となる必要証拠金は、注文時のレバレッジにより変動いたします。レバレッジ10倍のとき約 10%、20倍のとき約5%(DMM CFD-Indexでは10倍まで、DMM CFD-Commodityでは20倍となります。)よってJPN225/JPY(@10,000.0)10倍で1Lotを保有するのに必要な証拠金は10,000円、USD/JPY = 90円の時GOLD/USD (@1,200.00)20倍で1Lotを保有するのに必要な証拠金は5,400円となります。当社の提示するビット価格(売付価格)とアスク価格(買付価格) には差(スプレッド)があります。相場急変動時等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。
上記はリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。
当社の企業情報につきましては、弊社店頭または、当社ホームページ及び日本商品先物取引協会の本部及びホームページにて開示を行っております。
リスク・手数料などの重要事項の説明ページへ
FX・CFDはDMM.com証券


SSL/TLSとは?

Pマーク