CFDとは?初心者向け基礎知識

CFD(差金決済取引)とは?

CFDとは「Contract For Difference」の頭文字を取った略語になります。
日本語に訳すと「差金決済取引」といい1998年、英国で株の売買ごとに払う印紙税の対応として、機関投資家向けに開発された金融商品です。

CFDは、現物株・株価指数・業種別指数や、商品・債券などの市場での値動きを反映しながら、実際に現物株(原資産)等を所有することなく、原市場と同様の取引ができ、かつその売買価格の差が損益になるという取引です。なお、その中で為替に投資するものがFXとなります。

CFDについて

CFDの魅力

  1. Point01

    取引手数料が無料

    CFD取引の原資産となっている株価指数や商品の先物取引の取引をする場合には取引手数料がかかりますが、【DMM CFD】ではこの取引手数料がいつでも0円になります!

  2. Point02

    CFDは自由な時間に取引可能

    CFD取引は、各銘柄で取引時間は異なりますが、株式取引などの取引所取引と比較して、取引が出来る時間が長いのが特徴で、仕事から帰宅後の夜間に取引することも可能です。平日忙しく働いているサラリーマンの方でも、自分の空いた時間に取引を行うことができます。

    CFDはFXと異なり各銘柄で取引時間が異なります。詳細は以下よりご確認ください。

  3. Point03

    売りから始められる

    CFD取引では売りから入る取引が可能です。例えば下降相場で価格が今後下がることを期待し、売りポジションを建て、より価格が下がった時点で買い取引でポジションを決済することで、その差額が利益になる取引です。

  4. Point04

    レバレッジ効果

    レバレッジとはテコの原理のことで、少ない証拠金で、その何倍もの金額のお取引が可能となります。DMM CFD-Indexは10倍、DMM CFD-Commodityは20倍のレバレッジでお取引いただけます。
    レバレッジをかけることで、少ない証拠金で大きな取引が可能となり、投資効率を高めるという特徴があります。

他の金融商品とCFDの違い

FXや株式などと比較するとマイナーなイメージが先行するCFDですが、CFDのことを理解いただく為に、CFDとFX、先物を比較しながら、CFDがどのような商品なのかを説明いたします。

【DMM CFD】の取引銘柄

【DMM CFD】では、株価指数、原油や金といった商品など世界でも代表的な7銘柄に投資することができます。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ