CFD(差金決済取引)の基礎知識

CFD(差金決済取引)とは?

CFDとは「Contract For Difference」の頭文字を取った略語になります。
日本語に訳すと「差金決済取引」といい1998年、英国で株の売買ごとに払う印紙税の対応として、機関投資家向けに開発された金融商品です。

CFDは、現物株・株価指数・業種別指数や、商品・債券などの市場での値動きをそのまま反映しながら、実際に現物株(原資産)等を所有することなく、原市場と同様の取引ができ、かつその売買価格の差が損益になるという取引です。

利益を得るには高く売って安く買う。又は安く買って高く売る。更には金利や配当金等によって利益を得る方法があります。
CFD取引は、実際に預け入れた資金の何倍もの取引が行える為、少ない資金で大きな利益を得る可能性がある反面、予想と逆に相場が変動した場合には損失を被るおそれがあり、投資元本を超える損失を被る可能性もあります。CFD取引はハイリスク・ハイリターンの取引といえます。

CFDは相対取引

CFDが取引する市場は、取引所ではなく投資家とCFDを取扱っている会社(株式会社DMM.com証券)との契約により、両者の了解のもとに行われます。
取引所の場合では、100万円で買いたいという人と、100万円で売りたいという人が合致すれば注文は成立しますが、CFDの場合は、CFDを取扱っている会社が提示する価格を決め、投資家はその価格に納得すれば買う・売るというルールで行います。これを相対(あいたい)取引といいます。

相対取引の値段は、参照市場の価格を参考に、CFDを取り扱っている会社が価格を決定いたします。

取引所取引の流れ

取引所取引の流れイメージ図 取引所取引の流れイメージ図

相対取引の流れ

相対取引の流れイメージ図 相対取引の流れイメージ図

DMM CFD-Index, Commodity取引時間

CFDはFX異なり各銘柄で取引時間が異なります。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

価格調整額

OIL/USDは、取引期限がなくお取引いただけますが、それぞれの商品先物市場の最終営業日の前に当社が定める日において提示する限月の交代を行うため、保有し続けることができます。

「DMM CFD-Commodity」(OIL/USD)
1Lotあたりの価格調整額=(1番限と2番限の価格差)×取引単位×USDの評価額

売りから始められる

CFD取引では売りから入る取引が可能です。例えば下降市場で価格が今後下がることを期待し、下降市場時に売りポジションを建て、より価格が下がった時点で買い取引でポジションを決済することで、その差額が利益になる取引です。

レバレッジ効果

レバレッジとはテコの原理のことで、少ない証拠金で、その何倍もの金額のお取引が可能となります。
DMM CFD-Index は10倍、DMM CFD-Commodity は20倍のレバレッジでお取引いただけます。

レバレッジをかけることで、少ない証拠金で大きな取引が可能となり、その損失、利益額についても大きくなります。

レバレッジが高いほど資金効率は高まり、金融市場の情勢と経済状況による影響は大きくなります。

お取引まで最短翌日

ページTOPへ