クイックガイド DMMCFD BASIC

シンプルかつハイパフォーマンス 情報ツールも充実 DMMCFD BASIC

パソコンとインターネット環境があれば、どこにいてもお取引できます。
抜群の操作性でお客様の取引をサポートします。

ストリーミング注文

ストリーミング注文は、レートをクリックすることで、クリックしたレートにて発注します。

  1. メニューバーの[新規注文]をクリックし、[ストリーミング]を選択します。
    又は、銘柄ボードにて取引する銘柄のレートをクリックします。
    『DMMCFD BASICストリーミング注文選択画面
  2. 注文内容を設定し、売り注文は[売レート]、買い注文は[買レート]をクリックすると発注されます。
    『DMMCFD BASIC』ストリーミング注文内容
    銘柄
    銘柄を選択します。
    注文数量
    注文数量の設定をします。(1Lot~200Lot)
    スリッページ
    スリッページを設定します。(0~999×0.1pips)
    FIFO
    新規/決済の区別のない注文となり、
    反対ポジションを保有している場合、
    約定日時が古いポジションから順に決済されます。
    注文条件
    注文条件を確認します。
    (任意項目)決済注文
    新規ストリーミング注文と併せて決済注文(損切注文)を発注できます。
    [(任意項目)決済注文]をクリックすると設定画面が表示されます。
    逆指値にチェックを入れ、損切値幅と有効期限を設定します。
    (損切値幅:50~999×0.1pips)

指値・逆指値注文

指値注文は、現在レートより有利な注文価格を指定して注文します。
逆指値注文は、現在レートより不利な注文価格を指定して注文します。

  1. メニューバーの [新規注文] をクリックし、 [指値・逆指値] を選択します。
    『DMMCFD BASIC』指値・逆指値注文選択画面
  2. 注文内容を設定し、[確認]クリックします。
    『DMMCFD BASIC』指値注文画面
    銘柄
    銘柄を選択します。
    売買
    売買を選択をします。
    数量
    注文数量を設定します。(1Lot~200Lot)
    執行条件
    指値・逆指値を選択します。
    注文価格
    指値注文は現在値よりも有利な価格を設定、
    逆指値注文は現在値よりも不利な価格を設定します。
    有効期限
    有効期限を設定します。
    今日中
    注文を発注した営業日終了時点まで有効
    今週中
    金曜営業日終了時間まで有効
    無期限
    約定または取消するまで有効
    期間指定
    日時を分単位で指定できます
  3. 入力内容を確認し、[注文] をクリックします。
    『DMMCFD BASIC』注文確認画面

IFD注文

新規注文と決済注文を同時に発注する注文方法です。
複合1次注文(新規注文)が成立すると複合2次注文(決済注文)が有効になります。

  1. メニューバーの[新規注文]をクリックし、[IFD]を選択します。
    『DMMCFD BASIC』IFD注文選択画面
  2. 注文内容を設定し、[確認]クリックします。
    『DMMCFD BASIC』IFD注文画面

    複合一次注文(新規)

    銘柄
    銘柄を選択します。
    売買
    売買を選択をします。
    数量
    注文数量を設定します。(1Lot~200Lot)
    執行条件
    指値・逆指値を選択します。
    注文価格
    指値注文は現在値よりも有利な価格を設定、
    逆指値注文は現在値よりも不利な価格を設定します。
    有効期限
    有効期限を設定します。
    今日中
    注文を発注した営業日終了時点まで有効
    今週中
    金曜営業日終了時間まで有効
    無期限
    約定または取消するまで有効
    期間指定
    日時を分単位で指定できます

    複合二次注文(決済)

    数量
    新規注文の注文数量の範囲内にて設定します。
    執行条件
    指値・逆指値を選択します。
    注文価格
    指値注文は一次注文の注文価格よりも有利な価格を設定、
    逆指値注文は一次注文の注文価格よりも不利な価格を設定します。
    有効期限
    新規注文の有効期限と同じまたはそれ以降で指定します。

    詳細はを参照してください。

  3. 入力内容を確認し、[注文]をクリックします。
    『DMMCFD BASIC』注文確認画面

OCO注文

OCO注文は、異なる2つの注文を同時に発注し、先に成立した方の注文のみが有効になり、
もう一方の注文は失効される注文です。

  1. メニューバーの[新規注文]から[OCO]を選択します。
    『DMMCFD BASIC』OCO注文選択画面
  2. 注文内容を設定し、[確認]をクリックします。

    売買が同一で異なる執行条件の組み合わせ、又は売買が異なる同一の執行条件の組み合わせが設定できます。

    『DMMCFD BASIC』OCO注文画面
    銘柄
    銘柄を選択します。
    売買
    売買を選択します。
    注文数量
    注文数量を設定します。(1Lot~200Lot)
    執行条件
    指値・逆指値を選択します。
    注文価格
    指値注文は現在値よりも有利な価格を設定、
    逆指値注文は現在値よりも不利な価格を設定します。
    有効期限
    有効期限を設定します。
    今日中
    注文を発注した営業日終了時点まで有効
    今週中
    金曜営業日終了時間まで有効
    無期限
    約定または取消するまで有効
    期間指定
    日時を分単位で指定できます
  3. 入力内容を確認し、[注文]をクリックします。
    『DMMCFD BASIC』注文確認画面

IFO注文

IFO注文とは、新規注文が約定すると、指値・逆指値の決済注文が発注される注文方法です。
決済注文の一方が約定したら、他方の注文は自動的にキャンセルになります。

  1. メニューバーの[新規注文]をクリックし、[IFO]を選択します。
    『DMMCFD BASIC』IFO注文選択画面
  2. 注文内容を設定し、[確認]クリックします。
    『DMMCFD BASIC』IFO注文画面

    複合一次注文(新規)

    銘柄
    銘柄を選択します。
    売買
    売買を選択します。
    数量
    取引数量を設定します。(1Lot~200Lot)
    執行条件
    指値・逆指値を選択します。
    注文価格
    指値注文は現在値よりも有利な価格を設定、
    逆指値注文は現在値よりも不利な価格を設定します。
    有効期限
    有効期限を設定します。
    今日中
    注文を発注した営業日終了時点まで有効
    今週中
    金曜営業日終了時間まで有効
    無期限
    約定または取消するまで有効
    期間指定
    日時を分単位で指定できます

    複合二次注文(決済)

    数量
    新規注文の注文数量の範囲内にて設定します。
    注文価格
    指値注文は一次注文の注文価格よりも有利な価格を設定、
    逆指値注文は一次注文の注文価格よりも不利な価格を設定します。
    有効期限
    新規注文の有効期限と同一またはそれ以降で指定します。

    詳細はを参照してください。

  3. 入力内容を確認し、[注文]をクリックします。
    『DMMCFD BASIC』注文確認画面
ページTOPへ