FX(店頭外国為替証拠金取引)の基礎知識

FXとは

外国為替のことを英語では「Foreign Exchange」と言います。海外の空港や街中の両替所で、英語で書かれた看板を見たことはありませんか。本来は外貨の両替を意味する言葉ですが、「FX」と頭文字で書かれると店頭外国為替証拠金取引を指します。

資産運用の手段にFXを選択
している方が増えています

FXと外貨預金の比較
FX 外貨預金
手数料 無料 10000米ドルあたり2~8万円
投資できる金額 自己資金の最大25倍まで 自己資金範囲まで
利益を出す機会 円安・円高のどちらでも利益を狙える 円安となった場合のみ
万が一預入先が破たんした場合 全額信託保全により保証 預金保険制度なし

例えば日本からアメリカへ旅行する場合で考えてみましょう

日本からの出国時に「1ドルが100円」だとすると、10万円で1,000ドルに両替。 日本からの出国時に「1ドルが100円」だとすると、10万円で1,000ドルに両替。

日本からの出国時に「1ドルが100円」だとすると、
10万円あたり1,000ドルが両替できます。

もしそのままそのお金を持って帰ったとして もしそのままそのお金を持って帰ったとして
日本からの出国時に「1ドルが100円」だとすると、10万円で1,000ドルに両替。 日本からの出国時に「1ドルが100円」だとすると、10万円で1,000ドルに両替。

1万円の利益を得ました!

仮にアメリカからの帰国時に「1ドルが110円」に
なっていた場合、1,000ドルで11万円が両替できます。

日本からの出国時に「1ドルが100円」だとすると、
10万円あたり1,000ドルが両替できます。

仮にアメリカからの帰国時に「1ドルが110円」に
なっていた場合、1,000ドルで11万円が両替できます。

上記のように、1ドルが何円になるのか、というお金の交換レートである「為替レート」は日々常に変化しています。
この為替レートに沿ってお金の売り買いを行うことで、その差額で利益を出そうとする。それがFXです。

外国為替の予測方法

経済ニュース、要人の発言、経済指標の発表で相場は動きます

経済指標や経済に関係するニュースによる為替相場の変動を予測することを、ファンダメンタル分析と呼びます。

右の図は大胆な金融緩和政策を掲げた安倍政権の誕生の期待が高まった2012年秋から、半年間で一気に25円以上も米ドル/円が上昇したグラフです。このような大きなトレンドは、毎日チャートをテクニカルに分析しているだけではつかむのが難しく、中長期的なトレンドを予測する場合はファンダメンタル分析のほうが有効になります。

2012年秋から25円以上も上昇!

チャート分析の基本

チャートの過去の値動きから先の動きを読む方法を、テクニカル分析といいます。テクニカル分析はたくさんの方法がありますが、その中からまず基本的なものをご紹介します。

  • トレンド系

    今のトレンド(相場が上昇傾向にあるか下落傾向にあるか)を分析することで利益を生み出そうとするものです。その中から初心者でも活用しやすいのが「移動平均線」です。計算期間の異なる線を組み合わせ、売買サインを読み取ります。それらの線が重なった部分を売買サインとするため、非常にシンプルです。

    買いサインの例
  • オシレーター系

    買われすぎ、売られすぎを追い、その逆に動いて利益を出す方法を見つける分析方法。その中の基本が「RSI」です。一般的に、上部70%以上のゾーンに入ると「買われすぎ」とされ、そして下部30%以下のゾーンに入ると「売られすぎ」と判断されます。たったこれだけですから、その分かりやすさから、大変人気のある指標です。

    「買われすぎ」「売られすぎ」の例

人気の理由は

  • Point01

    取引手数料が無料

    先程の例では差額の1万円を利益と言いましたが、実際の銀行の外貨預金や両替などでは1ドルあたり約3円の手数料がかかり、10万円の取引で往復6000円程度の手数料がかかります。DMMFXではこの取引手数料がいつでも0円になります!

  • Point02

    少額の資金で大きな取引が可能

    実際に米ドル/円が10円も変動するには、普通は相当な時間がかかります。DMM FXでは、レバレッジを利用することで、自分が預けた資金(証拠金)の最大25倍の取引が可能になり、10円もの変動を待たずして、わずかな変動を狙うことができるため効率的に資産を運用できます。

  • Point03

    スワップポイントによる利益

    スワップポイントとは、2国間の金利差から得られる利益のことです。つまり、日本のような低金利通貨を売って、NZドルのような高金利通貨を買うと、その金利の差額を毎日受け取ることができます。 例えば、 NZドル を6カ月運用した場合、なんと、約3万円もの利益となります。

    • 1万 NZドル のスワップポイント36円/1日として、36(円)×5(万NZドル)=180円/1日
    • 2018年5月末時点。
    • 実際のお取引におけるスワップポイントは、内外の金利情勢に伴い、日々変動いたします。
  • Point04

    自由な時間に取引可能

    FXは株や先物取引と違い、平日であれば24時間マーケットが開いています。特に大きく値が動くNY市場が開くのが日本時間22時頃ということもあり、平日忙しく働いているサラリーマンの方でも、自分の空いた時間にいつでも取引を行うことができます。

お取引の流れ

  • Step01

    最短で翌日にお取引可能

    1. フォーム入力

      口座開設お申し込みフォームより必要事項をご入力いただきます。

    2. → ↓

      本人確認およびマイナンバー確認書類の送付

      アップロード・メール添付・郵送・FAXいずれかの方法で当社までお送りください。

    3. 審査
    4. → ↓

      口座開設完了

      当社より口座情報(ID・パスワード等)を記載した書類を送付いたします。ご入金後、お取引開始となります。

  • Step02

    取引用の証拠金を入金

    DMM FXでは、簡単な操作でお客様の金融機関口座から24時間リアルタイムに資金を移動できる手数料無料の「クイック入金」と、お近くのATMや金融機関窓口からお客様ごとの入金専用銀行口座へお振込みいただく「通常振込入金」の2通りの入金方法が利用できます。

  • Step03

    新規注文(発注)

    口座を開設して、入金を済ませたら、いよいよ取引開始です。FX取引は、新規の注文を出すことから始まります。為替レートやチャートを見ながら予想して、上昇トレンドであれば「買い」、下降トレンドであれば「売り」というように、希望する取引条件になったら発注します。発注をし、通貨を持っている状態を「ポジション」と言います。

    • 上がると思ったら買い=円安
      新規注文(発注)の例
    • 下がると思ったら売=円高
      決算注文の例
  • Step04

    決済注文

    決済(ポジションを手放す)することで、損益が確定します。FXでは「買ったポジションを売る」「売ったポジションを買う」というポジションに対して反対の売買を行うことで取引が終了します。

信託保全について

お客様の大切な資産で安心してお取引いただくために、法令に基づき、お客様から預託された証拠金等の資金は『日証金信託銀行株式会社』、『株式会社SMBC信託銀行』、及び『FXクリアリング信託株式会社』へ信託保全を行う方法により当社の財産とは区分して管理しています。
信託保全されたお客様の資産は、万が一当社が破綻した場合であっても保全されます。なお、信託先銀行が破綻した場合も信託法により信託先銀行固有の財産から切り離して取扱われるため、信託財産として保全されます。

当社では、毎営業日終了時(マーケットクローズ)に当社で確認できたお客様の預託証拠金残高、評価損益及びスワップポイントを加味した金額(区分管理必要額)を受託先銀行に信託しております。

日証金信託銀行
日証金信託銀行株式会社は、証券金融会社の最大手である日本証券金融株式会社の完全子会社です。
SMBC信託銀行
株式会社SMBC信託銀行は、株式会社三井住友銀行の完全子会社です。
FX Clearing Trust
FXクリアリング信託株式会社は、SBIグループのSBIリクイディティ・マーケット株式会社の完全子会社です。
  • 通常時
    通常時 通常時
  • DMM.com証券 破綻時
    DMM.com証券 破綻時 DMM.com証券 破綻時

24時間安心サポート

営業日の24時間、お電話やメールでのお問い合わせに対応。
ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お取引まで最短翌日

ページTOPへ