fx   トップ > FX取引 > FX初心者ガイド > FXの基礎知識

 

FX(店頭外国為替証拠金取引)の基礎知識

FXとは?

外国為替のことを英語では「Foreign Exchange」と言います。海外の空港や街中の両替所で、英語で書かれた看板を見たことはありませんか。
本来は外貨の両替を意味する言葉ですが、「FX」と頭文字で書かれると店頭外国為替証拠金取引を指します。

資産運用の手段にFXを選択している方が増えてます。
株式投資とFXの比較
外貨預金 FX
手数料 10000米ドルあたり2~8万円 無料
投資できる金額 自己資金範囲まで 自己資金の最大25倍まで
利益を出す機会 円安となった場合のみ 円安・円高のどちらでも利益を狙える
万が一預入先が破たんした場合 預金保険制度なし 全額信託保全により保証
例えば、日本からアメリカへ旅行する場合で考えてみましょう。

もしそのままそのお金を持って帰ったとして

日本からの出国時に「1ドルが100円」だとすると、
10万円あたり1,000ドルが両替できます。

1万円の利益を得ました!

仮にアメリカからの帰国時に「1ドルが110円」になっていた場合、
1,000ドルで11万円が両替できます。

上記のように、1ドルが何円になるのか、というお金の交換レートである「為替レート」は日々常に変化しています。
この為替レートに沿ってお金の売り買いを行うことで、その差額で利益を出そうとする。それがFXです。

外国為替の予測方法

経済ニュース、要人の発言、経済指標の発表で、相場は動きます。経済指標や経済に関係するニュースによる為替相場の変動を予測することを、ファンダメンタル分析と呼びます。

値動きが起こる経済要因の例 中央銀行の会合、雇用レポート、最新のインフレ率、債券市場の金利、選挙結果 など

右の図は大胆な金融緩和政策を掲げた安倍政権の誕生の期待が高まった2012年秋から、半年間で一気に25円以上も米ドル/円が上昇したグラフです。このような大きなトレンドは、毎日チャートをテクニカルに分析しているだけではつかむのが難しく、中長期的なトレンドを予測する場合はファンダメンタル分析のほうが有効になります。

2012年秋から25円以上も上昇!

チャート分析の基本

チャートの過去の値動きから先の動きを読む方法を、テクニカル分析といいます。テクニカル分析はたくさんの方法がありますが、その中からまず基本的なものをご紹介します。

トレンド分析

今のトレンド(相場が上昇傾向にあるか下落傾向にあるか)を分析することで利益を生み出そうとするものです。その中から初心者でも活用しやすいのが「移動平均線」です。計算期間の異なる線を組み合わせ、売買サインを読み取ります。それらの線が重なった部分を売買サインとするため、非常にシンプルです。

買いサイン
オシレーター系

買われすぎ、売られすぎを追い、その逆に動いて利益を出す方法を見つける分析方法。その中の基本が「RSI」です。一般的に、上部70%以上のゾーンに入ると「買われすぎ」とされ、そして下部30%以下のゾーンに入ると「売られすぎ」と判断されます。たったこれだけですから、その分かりやすさから、大変人気のある指標です。

売られすぎ
買われすぎ

人気の理由は

  1. 理由その1

    取引手数料が無料です。

    先程の例では差額の1万円を利益と言いましたが、実際の銀行の外貨預金や両替などでは1ドルあたり約3円の手数料がかかり、10万円の取引で往復6000円程度の手数料がかかります。DMMFXではこの取引手数料がいつでも0円になります!

  2. 理由その2

    少額の資金で大きな取引が可能です。

    実際に米ドル/円が10円も変動するには、普通は相当な時間がかかります。DMM FXでは、レバレッジを利用することで、自分が預けた資金(証拠金)の最大25倍の取引が可能になり、10円もの変動を待たずして、わずかな変動を狙うことができるため効率的に資産を運用できます。

  3. 理由その3

    スワップポイントによる利益があります。

    スワップポイントとは、2国間の金利差から得られる利益のことです。つまり、日本のような低金利通貨を売って、NZドルのような高金利通貨を買うと、その金利の差額を毎日受け取ることができます。 例えば、 NZドル を6カ月運用した場合、なんと、約3万円もの利益となります。

    ※1万 NZドル のスワップポイント36円/1日として、36(円)×5(万NZドル )=180円/1日
    ※2018年5月末時点。
    ※実際のお取引におけるスワップポイントは、内外の金利情勢に伴い、日々変動いたします。

  4. 理由その4

    自由な時間に取引可能です。

    FXは株や先物取引と違い、平日であれば24時間マーケットが開いています。特に大きく値が動くNY市場が開くのが日本時間22時頃ということもあり、平日忙しく働いているサラリーマンの方でも、自分の空いた時間にいつでも取引を行うことができます。

お取引の流れ

  1. STEP 01

    最短で翌日にお取引可能!

    審査 DMM.com証券

    ステップ1 口座開設のお申し込み
    ステップ2 本人確認書類の送付
    ステップ3 郵送書類到着後お取引スタート!
  2. STEP 02

    取引用の証拠金を入金

    DMM FXでは、簡単な操作でお客様の金融機関口座から24時間リアルタイムに資金を移動できる手数料無料の「クイック入金」と、お近くのATMや金融機関窓口からお客様ごとの入金専用銀行口座へお振込みいただく「通常振込入金」の2通りの入金方法が利用できます。
  3. STEP 03

    新規注文 (発注)

    口座を開設して、入金を済ませたら、いよいよ取引開始です。FX取引は、新規の注文を出すことから始まります。為替レートやチャートを見ながら予想して、上昇トレンドであれば「買い」、下降トレンドであれば「売り」というように、希望する取引条件になったら発注します。発注をし、通貨を持っている状態を「ポジション」と言います。

  4. STEP 04

    決済注文

    決済(ポジションを手放す)することで、損益が確定させます。FXでは「買ったポジションを売る」「売ったボジションを買う」というポジションに対して反対の売買を行うことで取引が終了します。

DMM FXの信託保全について

DMM FXの信託保全について預けたお金は大丈夫?

お客様の大切な資産で安心してお取引いただくために、法令に基づき、お客様から預託された証拠金等の資金は『日証金信託銀行株式会社』、『株式会社SMBC信託銀行』、および『FXクリアリング信託株式会社』へ信託保全を行う方法により当社の財産とは区分して管理しています。 信託保全されたお客様の資産は、万が一当社が破綻した場合であっても保全されます。なお、信託先銀行が破綻した場合も信託法により信託先銀行固有の財産から切り離して取扱われるため、信託財産として保全されます。
当社では、毎営業日終了時(マーケットクローズ)に当社で確認できたお客様の預託証拠金残高、評価損益およびスワップポイントを加味した金額(区分管理必要額)を受託先銀行に信託しております。

日証金信託銀行株式会社:日証金信託銀行株式会社は、証券金融会社の最大手である日本証券金融株式会社の完全子会社です。株式会社SMBC信託銀行:株式会社SMBC信託銀行は、株式会社三井住友銀行の完全子会社です。FXクリアリング信託株式会社:FXクリアリング信託株式会社は、SBIグループのSBIリクイディティ・マーケット株式会社の完全子会社です。
通常時

通常時

DMM.com証券 破綻時

DMM.com証券 破綻時

DMM FXが選ばれる3つの理由

おかげさまで、DMM.com証券は、FX口座数国内【第1位】となりました。(※1)
お客様に快適なFX生活を送っていただくため、質の高いサービスを提供しています。

(※1) 2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)

  • 米ドル/円 0.3銭原則固定(例外あり)業界最狭水準スプレッド
  • 嬉しい!お得!キャッシュバック 新規口座開設で20,000円キャッシュバック!
  • 抜群の操作性!初心者にも使いやすいスマートな取引画面スマホ取引ツールも
										充実!
  • (※2) スプレッドは固定されたスプレッドではありません。リーマンショックや東日本大震災のような突発的な事象が発生した場合や、市場の流動性が低下している場合(月曜日の午前7時~午前8時頃、夏時間の午前6時前後(冬時間の午前7時前後)、年末年始、クリスマス時期など)、経済指標の発表前後の時間帯等(経済指標カレンダーはこちら)においては、スプレッドが拡大する場合があります。また、当社がカバー先等から受信するレートのスプレッドが拡大した場合は、お客様に配信する外国為替レートのスプレッドも拡大します。なお、その上限は一定値に限定されません。
  • (※2) 注文の成立に伴い、スリッページが発生する可能性があります。スリッページとは、一般的に注文時の表示価格と約定価格との差を指していますが、当該価格差については、お客様にとって有利な場合もあれば、不利な場合もあります。

24時間安心サポート

営業日の24時間、お電話やメールでのお問い合わせに対応。
ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

0120-961-522

【冬時間】月曜日 AM7:00〜土曜日AM6:50 【夏時間】月曜日 AM7:00〜土曜日AM5:50

メールでのお問い合わせはこちらから

FX業界初!
いつものLINEで問い合わせ。

口座開設から取引方法まで、カスタマーサポートへお気軽に問い合わせができます。

  • まずは友だち追加!
  • LINE ID:@sec.dmm.com

LINEで問い合わせる

詳しくはこちら

スピード口座開設

ページトップへ

会員ログイン
DMM FX/CFD

税金と確定申告について 2017年度版対応

マンガでわかる!取引までの流れ!

初心者必見!!動画でわかるFXセミナー

FX

海外無登録業者とのFX取引にご注意ください

新スマートフォンアプリ DMMFX

DMMのツールいろいろ

プレミアチャート

クイック入金 380の金融期間でご利用可能!

開催中のキャンペーン

取引応援ポイントサービス

よくあるご質問 Q&A

DMMFX Twitter

2016年度よりマイナンバー制度がスタートします

投資詐欺にご用心!

マイナンバー社会保障・税番号制度

DMMバヌーシー

おかげさまで、DMM.com証券は、FX口座数国内【第1位】を獲得しました(※1)
当社のFXとCFDが支持されるには理由があります!
詳しくは「DMM FXの特長」「DMM CFDの特長」より当社の魅力あるサービスをご覧ください。
※1. 2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)

金融商品取引法/商品先物取引法に基づく表示
【当社の概要】
商号等:株式会社DMM.com証券
第一種金融商品取引業者/第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等:日本証券業協会 日本投資者保護基金 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人第ニ種金融商品取引業協会
【苦情相談窓口】
DMM.com証券 コンプライアンス部 電話:03-3517-3285 月曜-金曜(祝祭日を除く 09時00分~17時00分)
[FX/株価指数CFD]証券・金融商品あっせん相談センター 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館 電話:0120-64-5005 月曜-金曜(祝祭日を除く 09時00分~17時00分)
[商品 CFD]日本商品先物取引協会 相談センター 東京都中央区日本橋小網町9-4 電話:03-3664-6243 月曜-金曜(祝祭日を除く09時00分~12時00分、13時00分~17時00分)
【(DMMFX/CFD)投資にかかる手数料、リスク等について】
店頭外国為替証拠金取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる通貨ペアの価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、 その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。口座管理費及び取引手数料は無料です。
注文の際に必要となる証拠金は、各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。
【(DMM株)投資にかかる手数料、リスク等について】
国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券、国内外上場外国株式等(以下「上場有価証券等」)の売買は、元本及び利益が保証されたものではありません。株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。
信用取引では、売買代金の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要であり、保証金の最大約3.3倍のお取引が可能です。信用取引は、お預けいただく保証金に比べてお取引可能な金額が大きいため、価格や上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により損失が生じることがあり、また、その損失が預託された保証金の額を上回るおそれがあります。
上場有価証券等の売買等に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定の適用がないため、クーリング・オフの対象にはなりません。
口座管理費及び口座開設手数料は無料ですが、各取引毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。
【(DMMバヌーシー)出資にかかる手数料及びリスク等について】
DMMバヌーシー(競走用馬ファンド)は、お客様が出資した元本の保証はなく、また収益が保証されているものでもありません。 出資された競走馬の馬体状況等によっては、競走に出走することなく引退することがあり、出走した場合においても、出資元本を上回る賞金を獲得できないことが十分にあります。 出資金を預託する競走用馬ファンド口座の管理費用は無料です。 本ファンドは金融商品取引法第37条の6(書面による解除)の適用を受けないため、本匿名組合契約にクーリングオフ制度はなく、本匿名組合契約成立から終了までの間、お客様から中途解約を行うことはできません。
(2017年度募集馬について)
お客様が購入時に一括でお支払い頂く出資金には、競走馬出資金、運用管理費預託金、ファンド運用管理費預託金、出資手数料が含まれています。
(2018年度募集馬について)
出資金のお支払いは、月払方式、一括払方式からご選択いただきます。月払方式をご選択されたお客様の初回お支払額は、競走馬出資金、維持費出資金(保険料のみ)となり、飼養管理に係る維持費出資金は、出資馬の運用開始日より月定額にて追加支払い義務が発生します。また、出資金とは別に、運用開始日より月額会費をお支払いいただきます。 なお、月払方式ご選択の場合、運用開始後に発生する月額費用の支払いが2か月未払いとなった場合には、当社はお客様より、お客様が保有する持分を無償で承継するものとします。 一括払方式をご選択されたお客様が購入時に一括でお支払いいただく出資金には、競走馬出資金、運用期間中(保険料は運用開始月から3歳10月まで)の維持費出資が含まれています。また、出資金とは別に、運用終了まで発生する月額会費を購入時に一括でお支払いいただきます。

各サービスに係る上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。
リスク・手数料などの重要事項の説明ページへ
FX・CFDはDMM.com証券

Pマーク

DMM FXホールディングス