閉じる

ロスカットとは?
DMM FXの安心・厳格のロスカット

ロスカットとは

ロスカットとは、FX取引で一定の水準以上の損失が発生した場合に、さらなる損失の拡大を防ぐため保有ポジションを強制的に決済することをいいます。
FX取引は、元本以上の取引ができるため、相場の状況によっては大きな損失を被るばかりか、元本を超えた損失が発生することがあります。ロスカットは、システムによって強制的に取引を終了させ、最低限の資金を温存するための制度です。

ロスカットが執行された場合においても、相場状況等によっては預託された証拠金以上の損失が発生することがあります。

【DMM FX】のロスカットルール

【DMM FX】では、証拠金維持率が50%以下になるとロスカットルールが発動し、保有しているすべてのポジションが強制決済されます。ロスカットは事前の通知なく執行されますが、証拠金維持率が70%を下回るとアラートメールが送信されます。

アラートメールは1営業日につき1度限り送信されます。

ロスカット執行までの流れ
【ロスカット執行までの流れ イメージ図】例)取引開始から証拠金維持率ガ70%を下回るとアラート発生、50%以下になるとロスカット執行
  • 上記の図は一例です。相場の状況によっては、証拠金維持率50%を大きく下回る水準でロスカットが執行される場合があります。
  • 証拠金維持率は、(純資産額-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100で算出されます。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、「ポジション必要証拠金に対する純資産額の割合」のことです。ポジション保有中は自動計算され、取引画面上に常時表示されます。

証拠金維持率の表示例(スマホアプリ『DMM FX』)
スマホアプリ『DMM FX』の証拠金維持率の表示例
証拠金維持率の計算式
証拠金維持率=(純資産額-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100
純資産額
評価損益を加味したリアルタイム口座残高
ポジション必要証拠金
保有ポジションの維持に必要な証拠金
注文証拠金
注文中の新規未約定注文に必要な証拠金

各項目の計算式や詳しい説明は口座照会やよくあるご質問をご確認ください。

いくらになったらロスカットされる?

ロスカットの判定基準は「証拠金維持率」です。損失の拡大によって証拠金維持率が50%以下になるとロスカットが執行されます。ロスカットが執行されるまでの流れについて、具体例を用いて解説します。

以下の例は「参考」として口座照会画面を簡略化したものです。取引を行う際は実際の取引画面にある口座照会を確認し、お客様の判断でポジション管理を行ってください。

また、ロスカットが執行されるレートやロスカット執行時の残高等を自動計算する「証拠金シミュレーション」をご用意しています。以下ボタンからご利用ください。

ロスカットを回避するには

ロスカットは証拠金維持率が50%以下になると執行されます。ポジションの保有を継続したい場合は、証拠金維持率が50%まで低下しないように保つことでロスカットを回避できます。証拠金維持率を回復するには、以下の方法があります。

1.取引口座に入金する

資金を追加で入金すると純資産額が増加するため、証拠金維持率が上昇します。

<例>損失の拡大により純資産額がポジション必要証拠金を下回り、証拠金維持率が83%の状態

約定評価損益
-50,000円
純資産額
100,000円
ポジション必要証拠金
120,000円
証拠金維持率
83.33%

50,000円を
追加入金
すると…

約定評価損益
-50,000円
純資産額
150,000円
ポジション必要証拠金
120,000円
証拠金維持率
125.00%

純資産額が増加し、証拠金維持率が125%に回復

2.保有ポジションを一部決済する

保有ポジションを一部決済するとポジション必要証拠金が減少するため、証拠金維持率が上昇します。2Lot以上のポジションを保有している場合、全部を決済せずに一部だけ決済することも可能です。

<例>損失の拡大により純資産額がポジション必要証拠金を下回り、証拠金維持率が83%の状態

約定評価損益
-50,000円
純資産額
100,000円
ポジション必要証拠金
120,000円
証拠金維持率
83.33%

保有ポジションを一部決済
すると…

約定評価損益
-20,000円
純資産額
100,000円
ポジション必要証拠金
80,000円
証拠金維持率
125.00%

ポジション必要証拠金が減少し、証拠金維持率が125%に回復

また、保有ポジションに対してあらかじめ損切り(決済逆指値注文)を設定しておくことで、お客様自身で損失拡大を防止することもできます。

逆指値注文は指定したレートでの約定を保証するものではありません。相場の状況によっては、注文レートよりも不利なレートでの約定となることがあり、お客様が意図しない損失を被る可能性がありますので、ご注意ください。

ロスカットの注意点

ロスカットは損失の拡大を防ぐための制度ですが、証拠金維持率50%での約定や、その損失額を保証するものではありません。
急激な相場変動時等には、本来のロスカット水準を大幅に下回りロスカットが執行される可能性があります。また、流動性の低下に伴い有効なレートが配信されていない場合や、ロスカットやほかの注文が殺到した場合には、ロスカットの執行に通常以上の時間を要する可能性があります。
証拠金維持率50%を大幅に下回りロスカットが執行された場合は、お預けいただいた金額以上の損失が発生することがありますので、ご注意ください。

維持率50%未満でロスカットが執行される例
【維持率50%未満でロスカットが執行される例 イメージ図】相場が急変し、レートの配信が一時停止。本体のロスカット水準を大幅に下回りロスカットが執行される可能性があります。

その他、ロスカットに関するよくあるご質問は以下ボタンからご確認ください。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ