追加証拠金制度

追加証拠金制度とは

DMM FXでは毎営業日クローズ時点に「証拠金維持率の判定」を行い、この時点で証拠金維持率が100%を下回っていた場合には追加証拠金が発生します。
追加証拠金が発生した場合は、追加証拠金が発生した翌営業日の04時59分までに追加証拠金額以上の入金もしくはポジション決済による追加証拠金額の解消が必要となります。
解消期限までに、追加証拠金が0円とならない場合には、保有しているポジションを反対売買による「マージンカット(強制決済)」を行います。

【追加証拠金が発生した際の注意点】

追加証拠金が発生した場合、当社にて以下の対応をさせていただきます。

  1. 新規取引の停止
  2. 出金予約の停止
  3. 発注済み新規未約定注文の取消
  4. 出金予約の取消
  • 追加証拠金が発生した場合、新規未約定注文及び出金予約は全て取り消し処理され、注文証拠金及び出金依頼額が追加証拠金の解消に充当されますが、取り消し処理を行った後にも追加証拠金額が解消されない場合、追加のご入金もしくは、保有ポジションの一部又は、全部の決済により、追加証拠金額を「0円」にしていただく必要があります。
  • 追加証拠金が発生した場合においても未約定の決済注文は取り消されません。
  • 追加証拠金が発生している場合
    追加証拠金が発生

    入金もしくはポジションの決済により解消

    追加証拠金 解消後
  • 追加証拠金が発生していない場合
    追加証拠金が発生していない場合

追加証拠金の発生
及び解消方法について

毎営業日クローズ時点に「証拠金維持率の判定」を行い、この時点で証拠金維持率が100%を下回っていた場合には追加証拠金が発生します。

追加証拠金=ポジション必要証拠金-純資産額
純資産額
預託証拠金に評価損益を加え、出金拘束金を差し引いた額
預託証拠金残高 + 評価損益 - 出金予約額
ポジション必要証拠金
その時点のポジションを持つために必要な証拠金

ポジション必要証拠金はリアルタイムで更新されます。

追加証拠金額
毎営業日の証拠金維持率判定において、証拠金維持率が100%を下回った場合、発生するポジション必要証拠金の不足額をいいます。
ポジション必要証拠金-純資産額

追加証拠金を0円にする方法には、2種類の方法があります。
追加証拠金が発生した翌営業日の04時59分までに追加証拠金額以上のご入金もしくはポジション決済による追加証拠金額の解消が必要となります。

  1. 入金
    追加証拠金額以上の入金をし、追加証拠金額を0円にする。
  2. ポジションの決済
    ポジションの一部を決済し、追加証拠金額以上のポジション必要証拠金額を減らし、追加証拠金額を0円にする。
    又は、未決済のポジションを全て決済する事でマージンカットを防ぐ事が可能です。

上記又はを実施されず、レート変動による建玉評価益の増加で、証拠金維持率が100%以上になりましても、マージンカットの対象となりますのでご注意下さい。

解消期限までに、追加証拠金が0円とならない場合には、保有しているポジションを反対売買による「マージンカット(強制決済)」を行います。

追加証拠金判定時刻と追加証拠金解消期限・マージンカット時刻について
追加証拠金判定時刻
毎営業日クローズ時点(取引時間の詳細はこちら)
追加証拠金解消期限
追加証拠金が発生した翌営業日の04時59分
マージンカット時刻
追加証拠金が発生した翌営業日の05時00分

なお、追加証拠金解消期限・マージンカット時刻は冬・夏時間ともに上記の通りとなります。

追加証拠金及び
マージンカットが発生する例

毎営業日実施される証拠金率判定で100%を下回っていた場合以下の方法にて解消、強制決済(マージンカット)されます。

下記の例は夏時間適用時です。

★2018年9月3日(月)営業日マーケットクローズ時点で、証拠金維持率が80%

口座の状況

純資産
80万円
ポジション証拠金
100万円
追加証拠金額
20万円
評価損益
-20万円
Aさんの場合
追加入金する
Bさんの場合
保有ポジションを決済する
Cさんの場合
何もしない

AさんとBさんの具体的な流れは…

  1. (1)9月4日(火)
    05時59分(9月3日のマーケットクローズ)

    追加証拠金のお取引画面への反映は、リアルタイムではなく、マーケットクローズ後、約30分程度お時間を要します。 マーケットクローズ直後には確認いただけませんのでご注意ください。

    判定時刻から30分程度

    9月4日(火)06時00分(9月4日のマーケットオープン)

    9月3日営業日の最終レートにて証拠金維持率100%を下回っているか判定/追加証拠金を判定
    追加証拠金のメールが配信されます。

    追加証拠金額
    20万円と判定

    携帯電話のメール設定でドメイン指定をご利用の方は「sec.dmm.com」をご登録下さい。

    「新規取引」及び「出金予約」を停止 注文中の「新規注文」及び「出金予約」は解消

    取引時間 追加証拠金解消の猶予期間(1営業日中)
    Aさん 1.入金をする(20万円以上) Bさん 2.ポジションを決済(20万円分以上)
  2. (2)新規取引・出金の制限解除 通常のお取引が可能

Cさんの具体的な流れは…

  1. (1)9月4日(火)
    05時59分(9月3日のマーケットクローズ)

    追加証拠金のお取引画面への反映は、リアルタイムではなく、マーケットクローズ後、約30分程度お時間を要します。 マーケットクローズ直後には確認いただけませんのでご注意ください。

    判定時刻から30分程度

    9月4日(火)06時00分(9月4日のマーケットオープン)

    9月3日営業日の最終レートにて証拠金維持率100%を下回っているか判定/追加証拠金を判定
    追加証拠金のメールが配信されます。

    追加証拠金額
    20万円と判定

    携帯電話のメール設定でドメイン指定をご利用の方は「sec.dmm.com」をご登録下さい。

    「新規取引」及び「出金予約」を停止 注文中の「新規注文」及び「出金予約」は解消

    取引時間 追加証拠金解消の猶予期間(1営業日中)
    Cさん 3.何もしない(1.,2.をしない、又は1.,2.の不足)
  2. (2)9月5日(水)04時59分(9月4日発生の追加証拠金の解消期限)

  3. (3)9月5日(水)05時00分

    追加証拠金の未解消を確認 全ポジションを強制決済
    ( = マージンカット)

追加証拠金を解消する際の注意点

  • 相場変動等により証拠金維持率が100%以上に回復したとしても追加証拠金は0円とはなりません。従いまして追加証拠金発生後、ご入金やポジション決済をせず、証拠金維持率が100%を上回って期日となった場合はマージンカットの対象となります。

    金曜日マーケットクローズ時(夏時間:夏05時50分、冬時間:06時50分)に追加証拠金が必要と判定された際は、火曜日の04時59分までに追加証拠金を解消する必要があります。

  • マージンカットは、必ずしもお客様の損失を限定するものではありません。急激な相場変動等により、その損失額がお客様の預託されている証拠金を上回り、証拠金残高がマイナスとなる場合があります。
  • マージンカットによる手数料は発生いたしません。
  • 追加証拠金額以上のご入金を行った場合においても、異名義入金、クイック入金エラー、銀行休業日等により 入金期限までに取引口座への金額の反映が間に合わなかった場合はマージンカットの対象となります。尚、銀行休業日の場合は通常のお振込みによるご入金は反映されませんのでご注意下さい。この場合はクイック入金をご利用するか、もしくはその他の方法で追加証拠金を解消してください。 クイック入金についてはこちらをご覧ください。
  • 証拠金維持率が50%を下回った場合には、追加証拠金額に関わらず、ロスカットルールが発動されます。
  • 追加証拠金発生に関してはメールにて通知しますが、ご利用のメールソフト及びプロバイダーの種類や設定によりましては、迷惑メールと判定され、メールが届かない可能性があります。当社のドメイン「sec.dmm.com」の受信ができるよう設定をお願いします。

24時間安心サポート

営業日の24時間、お電話やメールでのお問い合わせに対応。
ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お取引まで最短翌日

ページTOPへ