閉じる

追加証拠金に関する疑問

ロスカットと追加証拠金はどのような違いがあるのでしょうか?

■ロスカット
ロスカットは証拠金維持率が50%以下となった場合、損失の拡大を防ぐため、保有している全ポジションを強制的に決済することをいいます。
相場の状況等によっては、ロスカットルールが執行された場合においても預託された証拠金以上の損失が発生することがあります。


■追加証拠金
追加証拠金とは、毎営業日の証拠金維持率判定において、証拠金維持率が100%を下回った場合に発生する、ポジション必要証拠金の不足額のことです。
追加証拠金が発生した場合は、解消期限までに追加証拠金額以上のご入金もしくはポジション決済等による追加証拠金額の解消が必要です。
期限までに追加証拠金が解消されない場合は、保有している全ポジションを反対売買により「マージンカット(強制決済)」します。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ