閉じる

用語解説

ISM製造業景気指数

全米供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が、製造業における購買・供給管理の責任者を対象にアンケート調査を実施し、翌月第1営業日に発表される結果に基づいて算出する景況指数。 アンケート内容は、新規受注、在庫、製品の価格、雇用などが対象となる。1カ月前と比較して、「良い」「同じ」「悪い」の三者択一の回答を元に、季節調整を加えて算出されており、 ISM指数では、50%を上回ると景気拡大、同じく50を割り込むと景気後退と判断される。 日本では同じような景気拡大・後退の判断する指標としては日銀短観が使用される。

ISM製造業景況感指数の中でも新規受注、生産の項目は、景気とのかかわりから注目度が高いとされる。また、米国の雇用統計よりも発表が早いことが多い(発表が同一日となる場合は、雇用統計の方が発表される時間が早い)ため、雇用部門の数字は、雇用統計の先行指標としても注目される。

DMM.com証券では皆様のFX・CFDトレードを支援するためISM製造業景気指数など国内外の経済指標データや発表日のスケジュールが一覧できる経済指標カレンダーを公開しています。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ