閉じる

用語解説

IMM通貨先物ポジション

米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の上場商品である「IMM通貨先物」と、その建玉(ポジション)状況の内訳を示すもの。各通貨先物の出来高や、売り・買いそれぞれの内訳などについて、その週の火曜日に集計された数字が同じ週の金曜夕方に米商品先物取引委員会のウェブサイトで公表されている。参加者については、「Non-Commercial」(非商業部門=投機筋)とCommercial」(商業部門=実需筋)の2通りに分けられるが、このうち、投機を目的とした規模の大きな売買を行う「Non-Commercial」の動きが、実際のマーケットに影響を与えることも多い。ことから、そのポジション動向が注目されている。 特に、ヘッジファンドなど短期筋の動向を示す指標として注目されており、買い(ロング)と売り(ショート)の建玉枚数が公表されるなかで、どちらかの建玉が極端に溜まっている場合には、巻き戻し(決済など)により相場が逆方向に動く可能性があるとされる。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ