閉じる

用語解説

一目均衡表

相場のトレンド(傾向)や中長期的な見通し(価格の下げ止まりや上げ止まり等)などを示すテクニカル指標。一目山人(いちもくさんじん、本名、細田悟一)氏が分析手法を考案し、長い年月をかけて作られた理論。
相場は「売り手」と「買い手」の「均衡(パワーバランス)」が崩れた方向へ動き、方向性が確立した後、相場の行方というものは「一目瞭然」(いちもくりょうぜん)である、という考え方に基づく。

「基準線」「転換線」「遅行線」と2本の「先行スパン」、計5本のラインを用い、2本の「先行スパン」に挟まれた帯状のエリアを雲と呼ぶ。

一目均衡表 イメージ図

DMM.com証券では皆様のFX・CFDトレードを支援するため、リアルタイムで各国通貨のFX為替チャートとCFD株価指数・商品チャートを公開しています。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ