閉じる

用語解説

インターバンク市場

銀行同士で通貨の売買が行われる金融市場のこと。「銀行間市場」とも呼ばれる。一方、インターバンク市場に対して、銀行と顧客が取引する市場は、「対顧客市場」と呼ばれている。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ