閉じる

用語解説

円高

円高とは、円の他通貨(外貨)に対して相対的価値、言い換えると、円で交換できる他通貨の単位数が相対的に多い状態のことを指す。逆に、円安とは、円の他通貨に対する相対的価値(円で交換できる他通貨の単位数)が相対的に少ない状態のこと。

例えば、日本人が旅先のハワイで買い物をするため、手元にある1万円をドルに両替した場合、為替相場が1ドル=100円であれば、1万を100で割った100ドルになる。しかし、もし為替相場が1ドル=80円であれば、1万を80で割った125ドル、また、1ドル=125円であれば、1万を125で割った80ドルになる。これらを比べると、1ドル=80円の場合は、1ドル=100円の場合と比べて、同じ金額の円についてより多くのドルを取得できるため、円高ということがわかる。
逆に、1ドル=125円の場合は、1ドル=100円の場合と比べて、同じ金額の円についてより少ないドルしか取得できないので、円安ということになる。

円高になる要因は円貨のみではなく、例えば米国やユーロ圏の経済や政情などに不安が生じた場合には、日本自体に円高要因がなくても、消去法的に円が買われて、円高が進むこともある。
DMM FXでは皆様の快適なFXトレードを支援するため、リアルタイムで各国通貨のFX為替レート・チャートを掲載しています。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ