閉じる

用語解説

外国為替市場

「市場」という言葉は付いているが、株式や商品先物のような取引所があるわけではなく、通常は、銀行をはじめとする金融機関中心の市場(インターバンク市場)を指す(ただし、「くりっく365」などは例外)。外国為替市場は、主に2つの種類に分けられる。1つは、銀行同士が取引するインターバンク市場(銀行間市場)で、もう1つは、銀行と顧客が取引する対顧客市場である。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ