閉じる

用語解説

公開市場操作

公開市場操作とは、中央銀行が有価証券、手形類を金融機関との間で売買することで市場の資金量を増減すること。その売買によって「買いオペレーション(買いオペ)」「売りオペレーション(売りオペ)」と呼んでいる。売りオペレーションは、通貨量が多過ぎる時に中央銀行が保有する有価証券や手形を売却し、通貨を市場から中央銀行に還流させ金融を引き締める。買いオペレーションは、市場での通貨供給が逼迫している時、市場における有価証券や手形を中央銀行が買い取り、市場に資金を放出、金融の緩和をはかる。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ