閉じる

用語解説

裁定取引

同一の性格や商品性をもつ2つの商品の価格差を比較し、価格の低いほうを買ったり、価格の高いほうを売ったりし、利益を得る取引手法。「鞘取り」や「アービトラージ」などと呼ばれる。
例えば、現物市場と先物市場を比較し、両者に乖離がある場合ゆくゆくは同程度の価格になってくるであろうと予測し、取引を行うような手法のことを言う。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ