用語解説

自己資本規制比率

FX(外国為替証拠金取引)業者を含む金融商品取引業者の経営の健全度を測る指標のひとつ。基本的にこの数値が大きいほど、経営の健全性も高いと判断される。金融商品取引法では金融商品取引業者に、自己資本規制比率を120%以上に維持するように義務づけている。

DMM.com証券は安定した自己資本規制比率を維持しています。詳しくは会社概要のページをご覧ください。

お取引まで最短翌日

ページTOPへ