閉じる

用語解説

ゼロ金利政策

超短期の銀行間の資金の貸借りの金利を実質ゼロに近づける金融政策のこと。
政策金利をゼロに近づけることで、銀行は無利子同然で資金を調達できるため、融資がしやすくなり、お金の流れが活発化し、景気を刺激する効果が期待される。
1999年2月、日本銀行は短期金利の指標である無担保コール翌日物の金利を史上最低の0.15 %に誘導することを決定したが、この時、当時の速水優日本銀行総裁が「ゼロでもよい」と発言したことから「ゼロ金利政策」と今日まで呼ばれている。過去、海外でも、米国、スイス、スウェーデンなどがゼロ金利政策を導入したことがある。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ