用語解説

TTS

Telegraphic Transfer Selling Rateの略称で、「対顧客電信売相場」のこと。円を外貨に交換する、つまり円を売って外貨を買うときに適用される為替レートである。言い換えれば、金融機関が顧客に外貨を販売する際に適用されるレートということになる。ドル/円の場合、TTSは、仲値より1円高いレートとなることが多いため、仲値が1ドル=100円の場合、TTSは、1ドル=101円となる。

お取引まで最短翌日

ページTOPへ