用語解説

TTM

Telegraphic Transfer Middle rateの略称で、一般に「仲値(なかね)」と呼ばれることが多い。金融機関が顧客との間で外貨の売り買いを行う際の中心値となる為替レート。TTMは、午前10時頃のインターバンク・レートの実勢を参考に決定される。金融機関が外貨を顧客から買い取る時には手数料分を差し引いたTTB(Telegraphic Transfer Buying Rate:対顧客電信買相場)が、外貨を顧客に売る時には手数料分を上乗せしたTTS(Telegraphic Transfer Selling Rate:対顧客電信売相場)で取引することになる。

お取引まで最短翌日

ページTOPへ