用語解説

ネッティング

外国為替取引で、一定の期日に債権から債務を差し引きして、決済する方法を指す。
債権から債務を差し引いた差額を決済することから、「差額決済」とも呼ばれている。
ネッティングには、「バイラテラル・ネッティング」や「マルチラテラル・ネッティング」などがある。
「バイラテラル・ネッティング」は、二つの企業の間の決済を相殺する方法で、「マルチラテラル・ネッティング」は、三者以上のグループ企業の間で決済を相殺することを指す。

お取引まで最短翌日

ページTOPへ