閉じる

用語解説

ピラミッディング

外国為替証拠金取引で、利益が乗ってきたら、さらに取引量を追加する、つまり買い増しや売り増しを行って、より大きな利益を狙うこと。
例えば、1ドル=100円のときに5万ドルを買い、さらに、1ドル=105円になった時点で3万ドル、1ドル=110円で1万ドル、というように利益が乗るにつれて、買い増ししていく。
ピラミッディングは、ポジションを増やす資金に評価益を当てるという考え方であるため、評価益が出ていないと使えない手法である。この点では、ナンピンと反対の考え方である。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ