閉じる

用語解説

陽線

ローソク足チャートで始値に対し、終値が高くなっている足、つまり価格が上昇した足のことを指す。陽線が続くと相場は上昇トレンドにあるとされる傾向が強い。なお、ローソク足は日本でチャートを作成する際に最も使用されているもので、始値、終値、高値、安値といった4本値を示す。始値や終値よりも高い値や、安い値がついた場合は、その価格まで線(ヒゲ)を伸ばす。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ