閉じる

用語解説

RSI

テクニカルチャート、オシレーター系に分類されるもののひとつで、日本語に訳すと「相対力指数」。「Relative Strength Index」の頭文字をとった略語で、買われすぎか、売られすぎかを判断するための指標として利用される。
過去一定期間の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計を足した数字で割って、100が掛かった0~100の範囲で判断する。一般的に70~80%以上で買われすぎ、20~30%以下で売られすぎと判断されるが、いくら値上がり、値下がりしたかはRSIでは判断できない。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ