用語解説

直物取引(じきものとりひき)

銀行間取引における外国為替取引の種類の一つ。別名「スポット取引」とも呼ばれ、取引日から2営業日後に決済(資金の受け渡し)が実行される。基軸通貨である米ドルについては、すべての通貨が対ドルで取引されている。また、銀行間取引は相対取引(あいたいとりひき)のため、各銀行間で、いくらで取引がされたかは公表されない。

DMM FXでは皆様の快適なトレードを支援するため、リアルタイムで各国通貨のFX為替チャートを掲載しています。

お取引まで最短翌日

ページTOPへ