用語解説

通貨オプション

通貨オプション取引は、外貨そのものではなく、「通貨を売買する権利」を売買する取引である。売買される権利には、次の2つがある。1つは、将来の一定期日に通貨を買う権利である「コール・オプション」、もう1つは、将来の一定期日に通貨を売る権利である「プット・オプション」である。そして、一定期日が来たら、権利を買った側が、権利を行使するか放棄するかを決められる。権利を行使する為替レートはストライク・プライス(行使価格)、権利の期日をエクスパイアリー・デート(満期日)、そして権利の価格(オプション料)は、プレミアムと言う。

お取引まで最短翌日

ページTOPへ