閉じる

用語解説

pips

pipとはpercentage in pointの略で、FXで通貨の共通単位として使用される。pips(ピップス)はその複数形であり、通貨ペアの値幅を表す最小単位のことを指す。異なる通貨ペアでも共通の単位で変動幅を表すことができるほか、買値と売値の差を表すスプレッド(買値と売値の差)の単位としても用いられる。
1pipがいくらを表しているのかは、通貨ペアによって異なり、例えば、米ドル/円やクロス円(ユーロ/円、ポンド/円など)の場合、1pip=0.01円(1銭)を表し、10pips=10銭、100pips=1円となる。米ドル/円のレートが100.00円から100.05円に上昇した場合、「5pips上昇した」などと表現する。
スプレッドの単位としても同様で、例えば、米ドル/円のスプレッドを0.2pipと提示している場合、それは1ドルにつき日本円で0.2銭の実質的な取引コストがかかることを表している。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ